amazonを利用する時に、一番時間を割いて考えているのは出来るだけ送料を節約する事です。
商品によってはセットアップだったり、セットにして出品する物があります。又、代行購入として地元でしか売っていない銘菓を転売する事もありました。
言われたままの商品とその数を送る時も何も考えずに、くるっとくるんで発送する事はしません。出来るだけ安くなるように模索します。
一番最初に困ったのは子供の服のセットアップを出品し、売れた時の事です。90サイズ程の子供のセットアップです。冬用のデザインで生地も厚めです。セットで900円で売れたのですが、定形外で発送すると送料が510円程かかります。手数料を引いた後の儲けは300円程になります。
もう少どうにかならないかなと思い、考え付いたのはクリックポストで二回にして送る事です。楽々amazon便やamazon瓶を利用する事で通常クリップポストは185円が175円で発送する事が出来ます。我が家にはプリンターが無いので、コンビニで印刷するのにも10円更にかかります。
そこで、amazonで使えるちょっとだけ安いクリックポストでの発送と通常のクリックポストを併用する事にしました。もし、amazonで使えるクリックポストで二回発送できるならそれを利用したいと思いましたが、無理そうだったので、断念しました。
これにより、送料は175円プラス185円プラス10円になります。定形外の510円よりも100円程送料を節約する事が出来ました。
クリックポストは厚さが3cmに収まっていないといけません。この際、畳み方がおかしくても許してもらおうと思い事前にその旨を伝えました。綿なので洗濯にてシワは改善するからです。ウエストのゴムの部分が重なると3cmを超えてしまいます。そこでずらして畳む事にしました。きれいに畳むと言うよりはサイズに収まる畳み方をしました。
二回に分けて発送する事を伝えてポストに投函です。商品はタイムラグもありましたが、ほぼ同時期に到着しました。
やっぱり、クリックポストは有り難い発送方法だなと思っています。
セットアップ以外にもまとめて出品した物も、商品によっては二回に分けて発送しています。定形外だと510円や700円程かかるものも、クリックポストで二回にして発送する事で追跡も付いているし、送料を節約する事が出来るので重宝しています。
個別に依頼のあった地元銘菓のセットや4冊セットで販売した参考書、8冊セットで出品した参考書も二回に分けて発送しました。
中には軽くて分厚い物と厚みはないが軽くはない物も分けて発送しています。軽い物は定形外で、薄い物はクリックポストで発送する事で定形外よりも安くなる事もあります。二つ合わせて定形外の方が安ければ、まとめています。
その時々で使い分けています。
クリックポストで重要なのは厚さのチェックです。厚さ3cmを超えてしまうと発送できません。そこで、私は厚さ3cmの枠を作る事にしました。それまではサシを使って測ってみたり、いちいち郵便局で通るかをチェックしてもらっていました。
かなり手間だと感じました。郵便局では専用の通す道具で測っているのを見て、私もこれが欲しいと思いました。
ただ売り物ではないと思ったので、家にある木材と接着剤で作りました。無駄に万力等もあるのでA4サイズ、暑さ3cmを測ってくっつけました。1cmも作ろうかなと思いましたが、そんなに1cmで困る事はないだろうと思い、作りませんでした。
それから5年ほど愛用しています。数年に一度1cmを通したくなる事もあり、作っていればよかったなと思う事もありますが、大体3cmで事は間に合っています。
今の所、それが一番安い発送方法だと思っているので、困った時には第一選択でクリックポストです。