とあるamazonを使用するようになって、数十回目のお取引成立時のことでした。

私はいわゆる「コンプリート勢」と呼ばれる類の人なので、必要数以上の物は他の出品者の値段を参考にしながら(手数料や送料を考慮して)出品していました。当時出品していたのは、20thを迎えたRPGゲームの人気キャラクターの缶バッジ。すぐに買い手がつき、買い手の方とやり取りをしながら、自信が設定した発送期日を過ぎる前にきちんと梱包をして、コンビニで発送手続きを行いました。

それから3日後、4日後。匿名配送ながらも、お相手に届いたことはamazonの配送状況確認欄で確認できていましたが、お相手からの連絡はなく、忙しいのだろうと思ってさらに急かすような連絡を控えていました。しかし、そこからさらに数日、発送から1週間近くが経過してからも、お相手からのご連絡は一切ありませんでした。その時、初めて評価が「悪い」とされている意味を知り、手元に代金が届かない状態というものを体験しました。

利用していたamazonは、発送から10日以上経過しなければ自動的にお取引が成立することもありません。必然的に、その間出品者は待ちぼうけを食らうことになります。そこで、自動的に完了するまでの残り2~3日、お相手に1日1度のご連絡をして、受取連絡を促しました。

私以外の出品者からも商品を購入し、スムーズに終えている状態であることは、amazonにある「評価」という機能から理解していました。その為、最初の連絡ではお受け取りできているかどうか、できていない場合は相談をして欲しいことを。次の連絡では、ご連絡がない状態が続いて非常に不安に思っていることを。最後の連絡では、数度の連絡も無視し、受取連絡を行っていただけない為、自動終了後は「ブラックリスト(ブロック)」入りさせて頂くことを伝えました。それに関するお返事はお取引期間中、結局一度もいただくことはできませんでした。

毎日一言の連絡もないイライラを抱えながら、仕方なく発送から10日経過するのを待ちました。しかし残念なことに、10日が経過してもお取引が終了することはありませんでした。私が小まめに連絡をしていたのが徒となり、運営者側から「お取引継続中」であると見なされ、最後にご連絡した日、つまり発送から10日経過したその日から、さらに10日待たなければならない状態になっていました。

通常であればそのままさらに10日を待つのがセオリーですが、一瞬でも早くお取引を終わらせたかった私は運営者側に連絡を入れ、即お取引の終了を希望しました。「商品が届いてから一切返事がなく、お取引も終了にならない、他の人とはお取引を進めている、自動終了にして欲しい」という一言を添えて。結果、運営者側の判断で発送から約11日をもってお取引を終了させることができました。あの時はやっとこれで終わる、と安堵していました。

ところが次の日、今まで一度もご連絡いただけなかった件の買い手から連絡が来たのです。曰く「諸事情で連絡がとれない状態でした。すみません。今回購入した商品以外にも(私さんの出品で)欲しい物が出る可能性があるから、ブラックリストしないで欲しいです。」と。あまりにも自分勝手が過ぎるその連絡に、怒りを通り越して呆れ果ててしまいました。すぐにお断りし、ブラックリストに入れること、そして自分の要望を通したい時にだけお返事するその姿勢は如何なものかと思います、という趣旨の返事をし、やっとの思いでお取引を完遂しました。

あれから今でもそのamazonは利用していますが、今は上記の件を踏まえて、欲しい人には事前に一言ご連絡を頂くようにしています。利用者の大半は良い人でスムーズに終わることが多く、非常に利点の多いアプリですが、後にも先にも同じような苦労はしたくないと心から思いました。