amazonなどを使って自分が作ったモノを販売しています。

それはドライフラワーを使ったアレンジメントです。

例えば、クリスマスリースに代表されるリースや
鉢に寄せ植えのようにアレンジをしていくトピアリーというもの。

今、ドライフラワーはウェディングの装花などでも人気のある素材で
ブーケなどで利用されることはもちろん、ウェルカムスペースなどを彩るものとしても選ばれることが増えてきました。

また、プレゼントとしての需要も多く、配送先は注文者様ではなく贈り主様であることもしばしばで
送る際にはそれ自体がプレゼントとわかるように手配をすることもあります。

そのように、需要としては一定のものがあるので対応させていただいているわけですが
ドライフラワーアレンジを送るのにあたって苦労するポイントがあります。

それは「軽いけど壊れやすいもの」であるという点です。

ドライフラワーはそもそもそれ自体もとても軽いものですし
大きなアレンジをしても、重量が格段にあがってしまうということもあまりありません。
その為、アレンジを入れた段ボールはかなり軽いものになります。

軽いものの分下に積まれて潰されてしまうということはありませんが
ともかくそのまま工夫なしでいれてしまうと運ぶたびに揺れてしまい
ドライフラワーがわれて損傷を負う事になってしまうのです。

直接プレゼントにする場合は特に、そういった損傷があってはならないので
揺れないように固定する必要がでてくるわけです。

ただ、固定するといってもリースなどの場合
ぐるりリース全体にドライフラワーをアレンジしてしまうと
全体のどの部分が段ボールの面に当たってしまっても損傷のリスクがでてきます。

円の内側にもドライフラワーは入りますので
バームクーヘンの穴に棒を通すように固定することもできません。
その為、リースの背面を段ボールに貼り付けるように固定をしてお送りする準備を整えます。

貼り付けるといっても、取り外しの際にすぐに箱から出せないのはご面倒にもなるので
もちろん両面テープではったりすのではなくワイヤーで何箇所かを段ボールに固定をしていきます。

使うダンボールに関しても、よくamazon用として販売されているものは使うことができません。

結局、ドライフラワーが箱の中で接触しないように固定をしつつ
なおかつ蓋などの上部がアレンジに近すぎないような高さを保たなくては
配送中に仮に上からの圧がかかった時に割れるリスクを背負っているいます。

なのでひとまわりは大きい箱を準備し固定をして
その上で取り出す際の手順をお伝えするものをそえてお送りすることになります。

また配送業者さん宛てに送り状の隣に手紙を貼るようにしていて
中身が壊れやすいものであるというお知らせシールなども貼るとともに
「この商品はとても壊れやすいので
強い衝撃などを与えると損傷する場合がございます。お手数おかけしますがよろしくお願い致します」
という一筆も加えるようにしています。

それを毎回行なっているわけですが、無事届いたという連絡がくるまではいつもとても心配になります。

これまでに損傷していたという連絡は入っていないので
これからもその方法でお送りするしかないと思っています。

配送業者さんもさまざまな荷物があっていちいち中身がこれだからと注意も難しいだろうと
お仕事の大変さを思いつつも、以前配送業務を行なうセンターの様子として
荷物をバンバン投げていた動画を見てしまい、それ以降より注意するようになってしまいました。

軽くて割れやすいものの配送準備を、多くの方々がどのようにしているのか
とても興味がありますし、教えていただきたいと思っています。

ともかく梱包がとても面倒な商材です。