男の子三人の我が子にと、電車好きの祖父が電車の玩具を購入してくれました。
しかもかなり本格的な玩具で、幼い子供たちには操作が難しいと思えたのである程度の年齢になったら使わせようと納戸にしまいこんでいました。
やんちゃ時代が一段落した7年後になりました。
そしてそのある程度の年齢になったので、納戸から出して操作を教えたのですが、電車には全く興味がない我が子達。勿論主人も興味ない分野でした。
祖父に購入してもらった物だったので、迷ったのですがこのまま誰も手付かずでは玩具が可哀想だと思ったので、思いきってオークションに出品することにしました。
数年前になりますが、以前にオークションに出品したりオークションにて購入したことがあったので会員登録されていました。
ですから以前のように、出品する玩具の写真を撮影して細かな条件を入力し、いざ出品のクリックを押しました。
出品した時の値段は相場を調べて決めましたが、恐らくその手のマニアなら喜ぶ値段を着けてスタートさせました。
以前は毎日、途中経過を見ては落札値段が上がるのを楽しみにしていました。
今回も最終日の一週間後のオークション値段が楽しみだったのですが、途中に質問など落札者からの問い合わせがあるかと思い、自分の出品コーナーをチェックしました。
すると、驚くような落札値段が付いており、このまま最終日までつり上がったら予想以上の値段になるなと思い、喜びました。
そしてその最終日の落札者からの値段設定は、希望していた値段の10倍でした。
私は早速、落札者と連絡を取り合うことにしました。
すると、落札者は中国の方で、今は日本に来ているので国内輸送をと住所を教えてもらい、郵送しようとした前日に緊急帰国をしたので、中国の実家に郵送してほしいとのことでした。海外でも郵送は容易くできる空輸が可能な郵送会社を選び、落札者に許可を得ようと連絡をしました。
すると、空輸では郵送料が高いので安価な船便にしてほしいとのことでした。
船便はまだ未経験でしたが、連絡をくださったご実家の住所宛に船便にて送ることにしました。
空輸に比べて3分の1の値段て収まる郵送料なので、私としても良かったのですが、船便は到着までにかなりの時間を要するし、天候により多々遅れることがあるので、到着するまで不安でしたが、梱包を厳重にしてお送りしました。
すると、なんと住所不定ということで私の手元に戻ってきてしました。
しっかり住所を確認して、間違えはないはずなのに。
またまた、落札者に連絡すると今度は落札者の実家からご主人の単身赴任先に引っ越ししたので、前の住所は使えないから、単身赴任先に送ってほしいとのことでした。
何回、いや何十回の連絡を取り合ったことでしょう。
少し苛立ちもしましたが、高値の落札者さんだっただけに我慢しました。
そして、再度単身赴任先の住所にお送りし、やっとのことで落札者の手元に届いたという知らせを受けました。

中国のその落札者の方の周りには、日本のこのような玩具は販売されてないとのことで、息子さんにプレゼントとしたとのことでした。
その息子さんは12才で、中学生になったお祝いとのことでした。
息子さんは大変喜んでくれたと、お礼のメッセージが届き、私はやっと胸を撫で下ろすことが出来ました。
郵送に関して、このように苦労したことは初めてでしたが、落札者の方が喜んでくれたので、良かったです。
もう少し段取りよく、住所を教えてくれたり、最初から空輸便ではなく船便でと指定をしてくれたなら、こんなに苦労はしなかったと思います。
私もこのオークションでの経験を生かして、落札や出品をスムーズにして行けたらと思いました。