自宅で保管し、不要となっていた「渓流用カーボンロッド(ハエ竿)」をamazonに掲載してみました。
どのようなものかと言うと
 全長 4.5 m 硬調
 継数 9本
 仕舞寸法 61.5 ㎝
 先径 0.8 ㎜
 元径 19.3 ㎜
 自重 70 g
です。伸ばすと4.5 mもあるのですが、たたむと61.5㎝とコンパクトになる渓流用として一般的な釣り竿です。

20年以上前に購入し、ほとんど使っていなかったので、果たして売れるものかが不安でしたが、掲載したところすぐに売れました。
釣り竿は古くても売れるものなのですね。世の中は釣りを趣味にしてる人が、如何に多いかということを実感させられました。
amazonですから発送の手続きは簡単です。宅急便の使用を選択し、後は宅急便の事務所に持参すれば購入された方に届けてもらえ
ます。

ここで、問題となるのは宅急便の費用です。2000円程度で売れたのですが、amazonでは宅急便を使用した場合は、通常料金より
割安ですが、それでも60サイズで700円、80サイズで800円、100サイズで1000円もします。ここで60サイズとは梱包後の縦、横、
奥行きの寸法の合計で単位はcmです。たたんだ状態で長さが61.5 cmなので60サイズとなることはありません。したがって、80サイズ
ですめば800円なのですが、100サイズでは1000えんと200円も高くなってしまいますので、何としても80サイズに収めたいもの
です。

amazonでは宅急便の費用は売上金から引かれます。つまり、2000円で売れt品物を80サイズ送ったとしても、入金されるのは
売り上げから宅急便の費用を引いた1200円になってしまいます。200円というのは大きいのです。

釣り竿の外形は2 ㎝程度なので、ぎりぎりの梱包にすれば十分80サイズに入るのですが、このような箱はありません。また、一面は
宅急便の送り状を貼ることができる大きさが必要です。そのため、箱は自作することにしました。材料は近所のスーパーでいただい
た段ボールです。

次に考えなければいけないのが緩衝材です。釣り竿は購入時のプラスチックの箱に入れて保管してあったので、このプラスチックの
箱にいれて送ることにしましたが、緩衝材は必要です。そのため、ネットで皆さんがどのようにして、amazonで売れた品物を送付
しているかを調べてみました。世の中には親切な方が多くおられます。たくさんのホームページに梱包の仕方や、材料の入手方法が
記載されてました。これらのホームページに従って緩衝材には「プチプチ」を使うことにしました。「プチプチ」は皆さんもご存じと
思いますが、空気の入った小泡がたくさんあるものです。今回、初めて知ったのですが、このプチプチは100円ショップで手に入れる
ことができました。種類も色々あり、好きな形状に切って使えるものを、今後のことも考えて購入しました。今後も使用するのであ
れば、プチプチ代は無視できます。100円ショップにはこの他にも発想に必要な品物が色々そろえられてました。

これで準備ができたので、釣り竿をが入ったプラスチックの箱をプチプチで2重に巻きます。このプチプチを巻いた後の寸法を測り、
入るように、いただいてきた段ボール箱を使って発送用の段ボールを作りました。一面だけは送り状を貼れる大きさが必要なので、
この分だけ、釣り竿をプチプチで巻いたものと箱の間に空間ができてしまいます。ここに、購入したプチプチを入れても良いのですが、
プチプチは購入したものなので、使用量はできるだけ抑えたいものです。そのため、この空間を埋めるために新聞紙を使いました。
新聞紙は軽くクシャクシャと丸めると隙間が簡単に埋まります。使ったのは、3面分といったところでした。
後は組み立てた箱を布ガムテープで固定して完成です。
見栄えは良くありませんでしたが、機能性は十分です。宅急便の事務所に持参し、無事送ることができました。