私がamazonを始めたのは、3年くらい前のことです。
引越しを検討している時、家の中の不用品を片付けている最中に、「テレビCMでやっているamazon、本当に売れるのかな? 」とふと思い立ち、インストールしてみました。
初めてで分からないことだらけでしたが、ガイドラインを読みながらいくつか出品してみると、その中のひとつがすぐに購入されて驚きました。
出品したものは衣類、ぬいぐるみ、使っていなかったキャラクターグッズなど数点でした。
その中ですぐに売れたのは、ディズニーランドで購入したポップコーンケース、キャラクター型のミラーやカチューシャでした。
発送準備にとりかかると、思いのほか手間がかかることがわかってきました。
まずは梱包作業にとりかかり、ポップコーンケースを壊れないようにエアマットに包むことにしました。
エアマットは以前仕事で使っていたので自宅にあり、ポップコーンケースが入りそうな箱もたまたまあったので、悪戦苦闘しながら箱詰めをしました。
すると、出品時に設定していたサイズを大幅にオーバーしてしまい、発送時に郵便局で支払う送料(送料込みにしていました)が思っていた金額と違ってきました。
それは自分のミスと仕方なく諦め、そのまま発送しました。
不用品とはいえ、数百円の売上予定が大幅にダウン…初めての出品は、残念な結果でした。
今はamazonの提携の発送サービスがあり、自分が慣れてきたのもあって、そのようなアクシデントはなくなりました。
次いでキャラクター型のミラーが売れ、「ああ、昨日郵便局に行ってあんなに苦労して発送したのに…恥ずかしいから別の郵便局に行こう」と嬉しいやら恥ずかしいやらで複雑な気持ちになりつつ、ミラーの梱包作業に入りました。
ミラーはふわふわのファーが外側に付いていて、コンパクト型になっていたので、ビニールで覆えばいいかと思い購入者に確認しました。
OKが出たので、一応と思いダンボールではさんで補強して梱包してみました。
そしてまた郵便局へ向かい、手書きの宛名を書いて送料を払い発送してひと安心していました。
家に帰ると、またamazonから通知が来ているのに気づきました。
また売れた…amazonってすごい、と思いながら、また梱包作業を始めました。
今思えば、発送する日を決めてプロフィールに書いておけば良かったんです。
ですが初心者の私はそんなことは気づかず、送料と商品代金の兼ね合いもあやふやで、最初の頃は数十円の売上のために週に何度も郵便局へ、という事もしていました。
価格、発送方法はしっかりと考えて決めなければいけないんだな、と今では痛感しています。
出品してからがっちりと梱包を済ませてしまい、質問が来た時にわざわざ梱包を空けて、また仕舞って、を繰り返して苦労したこともありました。
今では出品後の商品は最低限の梱包のみ行い(ジップロックなど)、質問コメントが来てもすぐに出せる状態にしています。
実際にやってみないとわからないことばかりですが、お金や自分で発送する手間がかかるものなので、もっと効率よくできたのにな、と今でもがっかりすることがあります。
壊れやすい物の出品では、ワンピースフィギュアが売れた時に、箱無しのフィギュアだったので、腕や足などの細い部分を補強しようとダンボールや厚紙を切り貼りしているうちに、フィギュアを破損してしまったりしたこともありました。
引越しの後には、出品したものがどこにいったかわからなくなり、引越し荷物が片付くまで購入者様に待っていただいたりしたことがありました。
私の使っているamazonでは、プロフィール欄に色々な条件を記載している出品者さんが多くいらっしゃいます。
プロフィールを活用してなんとか引越し作業を乗り切り、今では通常通りの発送ができるまでに落ち着きました。
商品の梱包、置き場所、発送のタイミングなど、まだまだ苦労することもありますが、これからもamazonを楽しんで使いたいと思っています。